謹んで新年のお祝いを申し上げます…土屋新聞- 株式会社土屋|大阪高槻市

謹んで新年のお祝いを申し上げます

土屋新聞:2011/01/01 発行
写真をクリックするとアクロバットが立ち上がります…
平成23年の新春を会員の皆様とそのご家族が健やかに、希望に満ちて迎えられましたことと、お慶び申し上げます。また、日頃より株式会社土屋の活動にご理解とご支援をいただき社員一同心より深く感謝申し上げます。
そのうえ、昨年は、13年目にして、感謝祭の実施方法をやむを得ず変更させて頂きました。結果、会員の皆様には、大変な混乱を招いてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。今回の感謝祭に対する反省と皆様のご意見を参考に、今年はよりご納得の頂ける催しになりますよう工夫してまいりますますので、どうぞご期待ください。
さて、昨年の漢字一文字に「暑」が選ばれました。たしかに昨年の猛暑は凄まじく、二十一世紀のキーワードは「環境」「安全」「健康」だと言われて参りましたが、まさにそれを実感する年でした。
こうした中、政府による地球温暖化への取り組み宣言を受け、補助金やエコポイント制度の経済対策が今年も継続されます。その上、超低金利により住宅ローンが有利になりマイホーム購入、建て替え、リフォームなどが実現しやすい状況になりました。まさに建設業に携わる者、特に我々地域に密着したビルダーの活躍する時だと思います。
そんななかで当社がなすべきは、建設のプロとして、建設のあらゆる段階で社会とお客様の期待を超える価値を生み出し、それを最大化することを目指すことだと思います。今年の土屋は、感性価値を活かした「提案力」と「ものづくり力」を更に強化し、皆様のニーズに応える為、意思決定力と行動力のある筋肉質な組織作りに努めてまいります。
より豊かな、住みよいまちづくりを目指してさらに創意工夫を重ね皆様のご期待に応えられるよう決意を新たにしてまいりますので、本年も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
今年一年の皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたします。

代表取締役  土屋 定爾

 
第13回 お客様感謝祭開催 抽選会当選者発表
平成22年11月14日に 第13回お客様感謝祭を開催させていただきました。


2011_01月号a

2011_01月号b

「社員一丸となって頑張りますので 本年もよろしくお願いします」
上へ

(c)株式会社 土屋 AllRight Reserved

staff_only