バリアフリー改修促進税制が誕生『平成19年度の税制改正のポイント』…土屋新聞- 株式会社土屋|大阪高槻市

バリアフリー改修促進税制が誕生『平成19年度の税制改正のポイント』

土屋新聞:2007/03/01 発行
写真をクリックするとアクロバットが立ち上がります…
バリアフリー住宅の目標
住宅基本法に基づき、国が目標として定めたバリアフリー住宅の普及率は、平成27年までに全住宅の20%にすること。今回の税制改正で新設されたバリアフリーリフォームを対象とした減税制度は、その実現に向けた施策の目玉の一つです。
現状は「手すりの設置」「段差の解消」「広い廊下幅の確保」といった基本的なバリアフリー化がなされた住宅は、65歳以上の高齢者が暮らす住宅の6.7%。・・・
 
環境への取り組み /工務課長 猿渡 貴彦
今年1月、世界の月平均気温の上昇が過去最高になったそうです。北半球では、記録的な暖冬となっている。この地球温暖化が原因で、海面上昇による水没の危機にさらされる国もあるらしい。私たちも、環境問題をもっと考える時期に来ていると思います。 建築をする上でさまざまな問題に直面します。ゴミ問題(リサイクル・産業廃棄物等)、自然保護問題(森林伐採等)、環境問題(トラック等現場作業・運搬)。例えば、材料を必要な分確実に使用することで、自然保護に少しでも役立て、リフォーム工事では、解体箇所を最低限に抑えることで、処分する廃材を減らすことができる。当社では、・・・
 
健康コーナー
脳エクササイズ宣言/ 脳の健康促進法10ヵ条
1.脳の健康に良い食事を摂る。オメガー3脂肪酸、蛋白質、抗酸化物質、果物や野菜、ビタミンBを豊富に、トランス脂肪酸を抑え、炭水化物を適量摂取して脳の健康を保つ


2007_03月号a

2007_03月号b
●似た名が増えた「エコ」設備
名前に「エコ」を冠して環境面や経済面での効用をうたった製品が増えた。石油業界と石油機器メーカーは2006年12月、潜熱回収型石油給湯器の発売を開始。一方、知名度が高まった「エコキュート」は、自然冷媒ヒートポンプ給湯器の愛称。ガス業界でも、家庭用ガスコージェネレーションシステムを「エコウィル」、潜熱回収型ガス給湯器を「エコジョーズ」と名付け、激しいピーアール合戦をしている。 どれも「エコ」が付く名で紛らわしい。・・・
   
●ストップ・ザ・温暖化! 地球温暖化の現状
地球温暖化とは「温暖化ガス(二酸化炭素CO2など)が大気中に増えることによって地球の平均気温が上昇する現象です。温暖化ガスは、光は通すが熱を蓄える性質を持っているため、温暖化ガスが増えることは地球が大きな温室の中に入れられたような状態になることを意味しています。・・・



上へ

(c)株式会社 土屋 AllRight Reserved

staff_only